tsuputon's blog

英語の名言をベースに, 哲学から医学・薬学に至る雑学を, ゆるまじめにご紹介していきます

おのれを貫く,そういう精神の高貴さがなくて,何が人間ぞ : 岡本太郎氏へのオマージュ

f:id:tsuputon7:20171210115214j:plain

 

               Dec.10.2017

 

岡本太郎氏は小生にとって

3歳の頃から不可分一体の存在です

御本人は迷惑かも知れませんが

少なくとも自分の中では確実にそうです

 

大阪市内で,生まれてから小学校卒業まで

住んでおりましたマンションが

五階の一室だったのですが,

南のバルコニーからは5キロほど先に大阪城が,

北の玄関を開けると

淀川越しに10キロほど先に

太陽の塔がみえる見晴らしの良い場所でした

 

 本日はやんごとなき御方とのシンクロニシティもあり,

俄然無意識がうごめいて書く気になりましたもので,

太郎氏の想ひでと共に名言をお伝えしようと思います

 

f:id:tsuputon7:20171210121640j:plain

 

 

大阪人の常套句=ミームですが,

太閤さん(秀吉)みたいになりや

と,祖母や母から,大阪城を指差しながら

耳タコレベルで聞き飽きるほど言われました

 

一方,それにあらがうかのように,

小生は繰り返し太陽の塔を指差して,

「あれ,  何?」と聞きました

ですが,毎回,呆れて笑いつつ,

あれはKICHIGAIが作ったもんや

と父に一蹴され続け,

逆説的に非常に気になり,

一人何時間も廊下の柵を握りつつ塔を見つめながら,

「KICHIGAIって何やろ?」

と黄昏たものでした

 

f:id:tsuputon7:20171210122050j:plain

 豊臣秀吉像(高台寺蔵)

 

f:id:tsuputon7:20171210123553j:plain

  あべのハルカスから見た大阪市街地:

             中央奥の緑地に小さく大阪城公園が,

             そのさらに奥の山あい手前に万博記念公園が...

 

 

 

今思いますと,この原体験が

芸術は狂気の発動である

という小生の信念の核となったのだと思います

 

 

 

f:id:tsuputon7:20171210122233j:plain

ピカソの作品と出会い,

乗り越えようとして描かれた作品です

岡本太郎「空間」 - 足立区綾瀬美術館 annex

 

 

 

 それでは太郎氏の最も有名な名言から…

 

 

    芸術は、爆発だ。

 

    全生命が瞬間に開ききること。

    それが爆発だ。

 

 

音もしない,においもしない,

自分の内に続けられる生命のほとばしり,

それを太郎氏は,爆発と呼ばれます

 

非暴力です

 

 

次に,小生の座右の銘です

 

 

    信念のためには、

    たとえ敗れると分かっていても、

    おのれを貫くそういう精神の高貴さがなくて、

    何が人間ぞと僕は言いたいんだ。

 

 

真の「勇気」とはこのことでしょう

アドラーがどう言うかは存じませぬ…

 

f:id:tsuputon7:20171210130437j:plain

『傷ましき腕』

 

 

そして,内向的な方には… 

 

 

    人間は精神が拡がるときと、

    とじこもるときが必ずある。

    強烈にとじこもりがちな人ほど

    逆にひろがるときがくる。

 

 

絶えざるアンチテーゼの提出,

それこそが前衛芸術家の使命であり

生きざまだったのでしょう

 

 

茶目っ気もおありでした

 

 

    年とともに若くなっていくのが

    自分でわかるね。

 

 

80歳を過ぎてテレビ出演された際,

司会の片岡鶴太郎さんに

先生,おいくつになられるんですか?

と尋ねられ,

はたち

とお答えでした

 

その若返りの秘訣は,

 

 

    私は、人生の岐路に立った時、

   いつも困難なほうの道を選んできた。

 

 

からとのことです

 

f:id:tsuputon7:20171210130840j:plain

 

 

 

そして,人生について

 

    人生の目的は悟ることではありません。

   生きるんです。

   人間は動物ですから。

 

 

パラドクスに思われるかも知れませんが,

誤解を恐れず申し上げますと,

もはや, このおことばは

 

     私は人間だ

 

と仰った,ブッダの域でしょう

ブッダは最期,豚肉の揚げものに当たられ

食中毒でお亡くなりになられたとされています

 

f:id:tsuputon7:20171210131449j:plain

Taro's grave

 

それでは,このへんで

ごきげんよう

 

f:id:tsuputon7:20171210131612j:plain

『重工業』