tsuputon's blog

英語の名言をベースに, 哲学から医学・薬学に至る雑学を, ゆるまじめにご紹介していきます

あ, あのね, エポケーしてね

f:id:tsuputon7:20171012184314j:plain

               Oct.12.2017

 

たとえば

大きなことがよいとか決めているのは

見方によると, 独りよがりの判断でしかない

と思います

そもそも目の前の状況を「判断」した段階で,

それ以上そのことについては考えない,

ということですから,

ある意味で

生ける現象=変化するものごと

にそれ以上対応していくことが

できなくなってしまいます

 

人間関係でもありがちですが

レッテルを貼る

ことの威力は, プラスにもマイナスにも

相当の影響を周囲に及ぼすものです

(ニックネームなんて最たるものですね!)

 

ありのままにものごとを見る

というのは, すこぶる難しい, いや,

ほぼ無理なことですが

哲学者たちはそれを希求してきました

 

古代ギリシアピュロン,

近代科学の父デカルト,

現象学フッサールらです

彼らは

感情・判断を中止してものごとを見ることを

エポケー

と呼びました

 

f:id:tsuputon7:20171012184352j:plain

ルネ・デカルト  近代科学の父  座標の発案者  

                     西田敏行さん似?(ごめんなさい)

 

 

 

小生の恩師である美学教授は, よく

プラトンギリシア語で読むゼミとかで

熱弁をふるう血気盛んな学生に

あ, あのね, エポケーして

とにっこりとたしなめられてました

その「にっこり」に軽快な狂気を直感し,

 

何と美しい叱り方だろう!

 

と思い, 翌日弟子入りしました

 

 

このエポケーする精神は,

近代科学の基本中の基本とも言われるもので,

端的に言いますと,

客観的なものの見方をするための最低限の

エチケット

とでもいうものです

 

すぐ感情的になったり

「これはこうだ」的に判断したりしていては

冷静なものの考え方などできないですから

そう考えると, エポケ一からはほど遠い

政治家のほぼ大半の方々が

近代以前に思えてしまうのは僕だけでしょうか

 

f:id:tsuputon7:20171012185349j:plain

 

 

そういえば, 昔,

家庭教師で英語を担当させて頂いていた大学受験生に

この「エポケ―」の話しをしたところ,

 

犬の名前にいいですね,

エポケ-!

って呼んでふり返ったら,

チョーかわいくないですかぁ…

 

というキラキラコメントをしてくれました...

たしかに, 音感的にはありですかね…

意味と音のギャップ萌え?

  

f:id:tsuputon7:20171012185721j:plain

 

 

ところで,

古来日本でもこの「エポケー」に類似した

発想が, 禅仏教にあります

それは,

 

今, ここに生きよ

 

という考え方です

 

もちろん, これは

後先考えるな, という意味でも,

刹那に生きよ, という意味でも,

断じてありません

 

頭の中をよぎるどうでもよいことばを

雲の流れのごとく見なし続け

それらにとらわれない心の強さを養う

そのためのミーム(文化的遺伝子)です

 

f:id:tsuputon7:20171012185933j:plain

京都竜安寺の石庭

 

 

20世紀最高の哲学者と称されるウィットゲンシュタイン

哲学探究』という本で

 

考えるな, 見よ!

 

と言っています

 

f:id:tsuputon7:20171012190049j:plain

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン

チョーイケメンじゃないですか!?

(ゆるっとした引用ですみません...)

 

個人的には,

〈質 Ⅹ 量〉こそがものごとの価値を決めると言っても

過言ではないと頭では思っておりまして,

仕事中もそれを心がけられるようにと

エポケーし続けたいと

願って願ってやまないのですが

 

現代日本社会においては

あるいは, 幸福の国ブータンまでも含め

世界的な基準になってしまっているかもしれませんが

小生は, 日に日に自分も含め

強い, 大きい, 豊か,

というアメリカ的価値観の

最も表層的なものが

どうしてもはびこってるとしか思えません

資本主義社会の必然的・悲劇的ベクトル

といいますか…

体制内異端児のぼやきです

 

 

そうした中で

何を価値を置いて生きていくべきなのか

ゆるゆるとぼんやりとした不安の中

どうしても考えてしまいたくなります

夜とか

 

そもそも価値とは何かということについて

ほぼ考えないまま過ごせるというのが

消費社会全体の病と言えるのかもしれません

 

ものとお金が体や身の周りを完全包囲し

流れ続けているわけですから

 

それがピカソが言う現代病,

つまり

あらゆるもの, あらゆるひとに

意味を見出さずにはいられない状態

に誘うのかもしれません

 

f:id:tsuputon7:20171012190606j:plain

 

資本主義社会ではどうしてもわかりやすさに

価値や重きを置くので

このような 3点が強調されますが

そこに質を省みるきっかけを持ちにくいことに

らせん状の見えない磁場を感じてやまない

今日このごろです

 

それでは,このへんで

ごきげんよう!

 

f:id:tsuputon7:20171012190337j:plain