tsuputon's blog

英語の名言をベースに, 哲学から医学・薬学に至る雑学を, ゆるまじめにご紹介していきます

一粒の砂に世界を見るために

f:id:tsuputon7:20171010093304j:plain

 William Blake : The Dream of Jacob (1805)                                          Oct.10.2017

 

 

一粒の砂に世界を見るために,

一輪の野花に天国を見るために,

あなたの掌に無限を握りしめ

ひとときのうちに永遠を握りしめなさい


To see a world in a grain of sand.

And a heaven in a wild flower,

Hold infinity in the palm of your hand.

And eternity in an hour.

 

史上最高の幻想家と言われる

イギリスの詩人・画家

ウィリアム・ブレイクの言葉です

(訳は小生の解釈です)

 

まさしく小さなものの中に全てが入っている

 

世界も天国も

それに気づくかどうかは,

私たちの意識のレベル次第ということを

ブレイクは伝えたかったのでしょう

そして, そういう意識を持つためには

掌に無限を

ひとときのうちに永遠を

握りしめればよい

 

この詩は,

逆流して考えても許されるのでしたら,

 

空間も時間も大小関係なく把えなさい,

そうすれば全宇宙が目の前にあるのですよ

 

という,

静かな, でも, 熱いメッセ-ジだと確信します

何と美しいミーム(文化的遺伝子)でしょう!

 

f:id:tsuputon7:20171010103708j:plain

↑ウイリアム・ブレイク『無垢と経験の歌』

詩集の表紙画(同氏作) : ポップですよね~!

 

 

以前, 仏陀の言葉で

幸せに大きさはない

というタイトルで記事を書かせていただきました

(9/26投稿分)

どうしても小生は

日常生活の中で, 無意識に

大きなもの, 強いもの, 豊かなもの

を選んじゃいます

幸せを求めて

 

そこに本当の価値があるかどうか

質を伴っているのかどうか確かめもせず

過ごしてしまうことが多いです

で, 赤ワインでほろ酔いになり

はたとそのことに気付いた瞬間,

自責の念にかられるのです

まただよ・・・

そして, 生まれはカトリックなくせに

本気で思うのです

 

おしゃかさま,

あほでごめんなさい

ゆるゆるだから

ゆるしてください

 

酔ってると,

おしゃかさまはお返事して下さいます

 

おまえはあほだ

また  がんばれ

 

f:id:tsuputon7:20171010114947j:plain

 

こうした日常から見たとき,

ウィリアム・ブレイクの美しいミーム

とてつもなく新鮮に映るんです

小生の驚きはこの言葉を初めて聞いたときに

意味がストンとわかるのに

実感が全くわかないという,

そのギャップ萌えでした…

 

もちろん,

世の中全員がウィリアム・ブレイクになってしまったら

地球上の文明社会は途端に滅びてしまうでしょう

少なくとも人類社会は……

日本で言うと全員が全員宮沢賢治になってしまうとか…

 

f:id:tsuputon7:20171010114244j:plain

 

ですが, ピカソが言いましたように

芸術は私たちの日常生活の

こころの垢を洗い流してくれるもの

ですから

芸術家ウィリアムブレイクとしてはこの言葉は

至言のミームと言っていいでしょう

 

それでは, このへんで

ごきげんよう!

 

f:id:tsuputon7:20171010114546j:plain